Welcome to Uto Jazz

Musician

佐藤允彦

(Comp,Arr,Pf,Cond)
1941年東京生まれ。慶応義塾大学卒業後、1966年から1968年にかけて米国バークリー音楽院に留学、作・編曲を学ぶ。
帰国後、1969年に初のリーダー・アルバム『パラジウム』でスイングジャーナル誌「日本ジャズ賞」受賞。その後も、ビッグ・バンドのための作品『四つのジャズコンポジション』(1970年)、『邪馬台賦』(1972年) で二度の芸術祭優秀賞を受賞する。
これまでに数多くのリーダー・アルバムを発表しており、スティーヴ・ガッド(Ds)、エディ・ゴメス(B) のトリオでレコーディングした『アモーフィズム』の全米発売や、“セレクト・ライブ・アンダー・ザ・スカイ '90”で誕生した『ランドゥーガ』(スイングジャーナル誌「日本ジャズ賞」受賞) のフランスでのリリースなど、国際的にも高い評価を得ている。
また、ベルリン、ドナウエッシンゲン、メールス、モントルーなどのジャズ・フェスティバルへの出演や、アフリカ、オーストラリア、ロシア、中南米などへのコンサート・ツアーと、国内に止まらない広範な活動は常に注目を集めている。直近では、2009年7月オランダのロッテルダムで開催された“North Sea Jazz Festival”に10人編成の《佐藤允彦 & SAIFA》を率いて出演している
作・編曲家としては、ナンシー・ウイルソン、アート・ファーマー、ヘレン・メリル、中川昌三、伊藤君子をはじめとする様々なアーティストのレコーディングへの参加や、『オーケストラと三人のインプロヴァイザーのための「乱紋」』(1986年)、『WAVE IIIとオーケストラのためのコンチェルト』(1988年) などの実験的作品、「万国博覧会~地方自治体館」(1970年)、「花と緑の博覧会~JT館」(1990年) などのパビリオン音楽、リチャード・デューセンバーグIII世の筆名でのベルエア・ストリングス・シリーズなどを手掛けている。さらに、音楽を担当したテレビ番組、映画、CMは数え切れないほどである。
1997年には自己のプロデュース・レーベル〈BAJ Records〉を創設。ピアノ・ソロ・シリーズやバッハをモティーフにした佐藤允彦トリオ『巴翁戯楽』を発売するなど、その活躍はますます多面化するばかりである。
1981年よりミュージックカレッジ・メーザーハウスの音楽理論、作編曲、ピアノ部門主幹講師。1993年、「ジャンル、技量にかかわらず、誰でも参加できる即興演奏」を目指すワークショップ【Randooga】を開始、フリー・インプロヴィゼイションへの簡潔なアプローチ法を提唱。2009年~2011年、東京藝術大学に講座【Non-idiomatic Improvisation】を開設。

村上 寛

(Dr)
東京生まれ。
67年本田竹弘(p)トリオで活動を始める。70年伝説の菊池雅章6に参加。
72年絶頂期の渡辺貞夫カルテットに参加。マル・ウォルドロン、ジョー・ヘンダーソン、山本邦山など、内外のミュージシャンとアルバムを発表。73年~75年渡米。
78年~81年、フージョン・シーン最高のバンド、ネイティブ・サンで活動、大ヒット・アルバムを連発した。
94年インドのJAZZ YATORAに自己のグループで出演。
97年NHKーBSジャズ喫茶のレギュラー・ドラマーとして、2年間出演
97年~2001年 ケイ赤城トリオで活躍。
佐藤允彦、峰厚介、増尾好秋等数多くのセッションで活躍している。
最近は、村上寛カルテット(森田修史:サックス、楠直孝:ピアノ、吉木稔:ベース)で精力的なライブ活動を展開している。

加藤真一

(B)
北海道出身。
1985年大友義雄グループを皮切りに東京での活動を開始した。
1992年永住権取得を機会にニューヨークに移住。
シーラ・ジョーダン、ヘレン・メリル等と演奏する。マイク・スターンを迎えてのリーダーアルバム(Someshing Close To Love)をリリース
1995年帰国、辛島文雄トリオなどで活動。
1999年ベース独奏アルバム(Old Diary)をリリース。2001年佐藤允彦とのデュオアルバム(Duet)が全米全欧でリリースされ、国際的評価を得る。
2004年、自己のグループ、ビーホットクリエイションによるデビュー作(endoless journey)発表。美しい音色と繊細さ、重厚なリズム、ジャンルを超えた多彩な演奏スタイルは今や日本の音楽会に欠くことのできない存在である。
2014年4月、ベース独奏のアルバム「Alone」を発表。その卓越したテクニック、豊かな音楽性に裏打ちされた演奏に改めて注目が集まっている。

上杉亜希子

(Voc)
静岡県浜松市生まれ。
カーメン・マクレエにあこがれてジャズボーカルを志す。
1998年、ヤマハ ハママツジャズウィーク「佐藤允彦ジャズ塾」に応募し、貴重な音楽上の助言を授かる。その後、佐藤允彦氏の押し掛け弟子となる。
2003年9月21日、佐藤允彦氏のプロデュースによるデビューアルバム「Sweet Touches」BAJレーベルからリリース、シャープなリズム感と歌唱力が注目を集める。
2005年7月20日セカンドアルバム「COLORS OF SIGH」を発売、また2012年4月21日には3作目となる「Burgundy Grace」を発売、プロデュースは佐藤允彦氏。ドラムス村上寛、ベース加藤真一という強力なバックアップを得る。
ページのトップへ戻る
inserted by FC2 system